未分類

奄美黒糖焼酎 研修 2018.2.5~7

黒糖焼酎が、鹿児島県は奄美諸島でしか製造を許されていない事は以外と知られていませんね。(奄美黒糖焼酎のこと)

今回はたゆたゆ千日前店長のアンディーと日本橋ビアホールの竹内うっちーらと一緒に、奄美大島と喜界島に奄美黒糖焼酎の勉強に行ってきました。もちろん奄美名物、みなとやの鶏飯も山羊刺の研究も❗

喜界島の朝日酒造さんへは二度目の訪問。先ずは喜禎社長に島の案内と自社で有機無農薬で生産されているサトウキビ狩りに連れて頂きました。…体力要りますね、でも実に楽しい❗隣の畑の細いのはザラメ糖用らしく、喜禎社長が選んだ品種は、何となく旨い焼酎になりそうな、太くてどっしりしていました。

昼と夜も一緒に食事をさせて頂き、工場見学もたっぷり…。結構話しましたねぇ…。これからの話し、熱い話しも🎵 夜も気づけば瓶が空になっていく…矢沢友吉も登場して、ええ夜でした。

翌朝、奄美大島に行く前に自社の製糖工場を見学させて頂きました。初めてみました。面白い❗実に風味豊か。出来立て熱々の黒砂糖。貴重体験です✨製糖担当の皆さん、お忙しいのにトウキビ狩りから僕たちの為にお時間頂戴して有り難うございました。

なんか不思議ですね。野原にうっそうと生えている細い竹みたいな植物が、絞れば甘く、煮詰めて黒糖になり、発酵して蒸留すれば焼酎になる…。”酒造りは農業”だという言葉が思い浮かぶ。

これを一貫して行ってるのはここ、朝日酒造だけ。車で移動中のアンダギーが妙に旨く感じるのは喜界島のせいなのか。同じ歳の社長にまた感化されまくられました。

2月の桜が咲いている奄美大島に来たのは初めてかな。よー来てる。最初は14年前ぐらい。蔵見学と云うより富田さんと山田くん、真行くんに会いに😆。龍宮、まーらん舟でお馴染みの富田酒造場の焼酎はカメ仕込み…。ミネラルや野趣味感じる味わいが大好きです。山田川や長雲一番橋でお馴染みの山田酒造の焼酎は香りが最高❗。山田川いたっては自社栽培のサトウキビを使用。蔵見学してるとワクワクが止まりません。同じ原料で造られるラムは、樽の香りが素晴らしく、バラエティーも豊かで世界で知られている素晴らしいスピリッツですね。しかし奄美黒糖焼酎も知られていないだけでラムを凌ぐ素晴らしいお酒です。あと50年の歴史と日本の酒税法が良く変われば、世界に知られたお酒なっていると本気で思うのですが。。。

ラムの原料は黒糖を作る際に出る廃糖蜜で造られます。奄美黒糖焼酎は黒糖そのものが原料です。寝かす歴史が加われば… ニヤリ

一緒に行ったスタッフも休みは自腹❗頑張ってるなー。会社(店)はスタッフ成長の土台。もっともっと成長できる会社になれルよう自分もキョロキョロ世間みてがんばりーす🙌

お世話になった蔵元さん、アンダギーのおばちゃん、有り難うございました✨

ああ、今宵も黒ソー(黒糖焼酎ソーダ割)で乾杯❗

是非、見て下さい❗川端屋商店会社ホームページはこちらです。

あまから手帖に掲載頂きました

「ブーム」って言い方やめませんか。~日本酒と焼酎~

丸干しのイカワタの凝縮された旨みに出会えば、純米酒の燗を一緒に咀嚼(ソシャク)したくなる。

炭火で炙られた焼とんなど、薫香感じる豚脂の旨さにピッタリと寄り添うのは焼酎がいい。

沖縄で飲む方が何故か美味しく感じるオリオンビールもそうだが、鹿児島で飲む芋焼酎に、その甘い醤油が寿司をも美味しく近づける。

どちらもその食事をより愉しませる為に、それぞれの味わいや温度がある。

それぞれに風土を感じ、人を感じ、“世代交代”というキーワードが頭に浮かぶ。

いわゆる焼酎ブームの頃、多くの人がそろって日本酒は甘すぎる、次の日がしんどい…と言った。

今は日本酒ブームと呼ぶのかな、多くの人はそろって焼酎の匂いを苦手と言う。

比べるというよりそれぞれに良さがある。

ごはんかパンか…

もちろん好んで飲むのがいちばん。

店主は“それ”に導く。

でも、何をも超えても世代交代した焼酎蔵のこれからに必見です。僕は右向きとかでなく焼酎寄りです。そうなる前はどっぷり日本酒好きでした。

「あまから手帖」は“大人”の愉しい食マガジンなので、“お酒”の情報も半端ない。
特に1月号は(12月22日発売)日本酒・焼酎の特集で、ぼくが偉そうに白菊屋の藤本一路氏と対談しています。はいはい、ごめんなさい。

立ち読みではいささか寂しさが残ります。自転車で知り合いとすれ違った時に、降りないで会釈だけの時のような寂しさが残ります。

本当に選りすぐりの日本酒が紹介されています。本田圭佑を外したような大胆なラインナップなのかも。

焼酎もかなりイケてます。奄美黒糖焼酎に注目してみませんか。

扱う飲食店さんもたくさん紹介されていて興味深い店ばかり。全店に伺って友達作りたい感じです。

そして何より嬉しく思うのが「焼とん屋やまゆう」が紹介されていたこと。元たゆたゆスタッフの山崎の写真が大きくバーン!
涙でるわ、ホンマ…

大阪焼トンセンター(大豚)10周年のご挨拶を…

歴代の店長してくれた子らにDMを。。。

有難いことです、ほんまに…。


嬉しいなぁ☺

こういうのに、ほんまに幸せ感じる今日この頃。

色々あるけど、まあ何より、お客さんが来てくれてるから出来てる。ほんとに有り難うございます。業者さんや沢山の仲間のおかげ❗

助けられてます。

折に触れ、11年目からもっともっとエエ店にせなアカンなぁって熱い気持ちになります。

12月13日来てもらったら、喜んでもらえること用意してます。皆様、ちょこっとでも顔見せて下さいませ、年末やしね。

店長大歳様が主役でいるので、僕はふわふわした感じでその辺に居るんだろうと思います。「10年前店出した頃は…」なんて、話ししたら止まらんやろね。10年前はウラなんばと呼ばれるだいぶ前…今と比べたらえげつないくらい店増えて、人増えて、なんやオモロイことになってきた。そんなのをずっと見てきた店です。お出かけください。

解体から、ガチで自分らで造った店やし♪

オープンのチラシ。

あー懐かしい😆

鹿児島へ出張!「1日限定 たゆたゆ鹿屋店」のオープンでした。

1鹿児島へ出張!「1日限定 たゆたゆ鹿屋店」のオープンでした。

大成功!!

取引先である鹿児島の食肉工場の皆さんを招いた食事会。目的は豚ホルモンの美味しさを知って欲しいという事。いつも捌いてられるその豚ホルモンの…

知人のお店を一日借り切って30名ほどをお招きしました。

初めて食べるその豚ホルモンに、歓喜の「美味しい!」をたくさん頂きました。

もつ煮込みはおかわりの嵐!

ガツ芯の歯切れ良い触感に目を丸くし、

ハラミの肉ジュースに満面の笑顔を頂きました。

嬉しい! 愉しい! 涙が出ました、ほんとうに。

飲食という志事の愉しさを存分に味わえました。

 

『美味しさキックバック‼2017』 焼とんをその生産者へ…

「仕事」が「志事」にかわる体験。

「楽しませる」ことが「愉しい」を知る体験。

「ご縁を大切に…」その有難さと可能性を感じる体験。

毎年訪問するこの食肉工場では、一日1000頭を超す “豚” が “肉” になり、うちのホルモンもここで捌かれています。

生産ラインに立つ職人の性格な手捌きと速さに圧巻。

学びと感心と有難さ、少しの不満。。。

職人さんたちは、“その”豚ホルモンを食べた事がないはず。

だから行ってきました、不満を解消にし…

14年前の焼酎ブームに助けられた焼酎好きの僕が、またも焼酎メーカーの大海酒造さんに助けて頂き、貸し切りさせて頂ける「居酒屋 魚菜丸」さんを紹介頂けました。

あらためて思います。

ご縁から本当にいろんなコトに繋がっていくという事。

飲食店の志事は、日々お客さんを楽しませる志事。

楽しませることを愉しむ志事なんだなぁと。

こんなにええ志事、ないと思う。

人の指示に仕えてやっていた仕事が、志をたて自ら動く志事になった時、なんというか、人生の愉しさを感じるコツを覚えたような気持になれると思うんです。

感謝

会場を貸してくれた「魚菜丸」さんはスタッフさんまで皆協力頂き、本当に有難うございました。素晴らしいスタッフさん達とご縁が作れて宝物が増えたました。

ご同行頂いた「岡山フード」さんがないとたゆたゆはありません。

繋いでくれた「大会酒造」さんもご参加下さり更に縁を深められました。

飲食をいつも違う目線でみて僕たちを支えてくれる「WATの東社長」はカメラマンとして、また違う角度で。

のれん分けして共に頑張ってきた「北新地たゆたゆの井谷社長」とは、これから先のチャレンジの話しをしたくなりました。

準備から何から大変だったうちのスタッフでしたが最高の経験だったと思います。

そんな仲間と共にこの体験が出来た事は、これからを含む僕の人生の中で、最大規模に有意義な時間であったことに違いありません。

greenpeace_farm丹波の黒枝豆

ちょっと前ですが、丹波篠山の友達、よっしんの農家@greenpeace_farmに黒枝豆の収穫に参加してきました。スタッフとその悪ガキ息子、お友達と八百屋のvegeギフトさんも一緒に。
いいですね~! 自然の中でええ空気吸うてきました。

黒い染み付きが旨いらしく、プリップリに太った豆をその日のうちに塩ゆで❗
まあなんと美味しいことか。お店でもたくさんのお客さんに喜んで貰いました。

~人を楽しませる それを愉しむ それが志事~
☆たゆたゆグループ「有限会社 川端屋商店」

チャンスにあふれる、会社ホームページを是非ご覧ください。