その3 スペイン、フランス旅行 ‘18.7.4-12


地中海の岸で、朝からランニングや筋トレに励む老若男女の姿が健康的…

初夏のせいか、サンサンというより、優しく降り注ぐ感じの太陽のバルセロナ☀

ワインなら酸味の軽快な白か、果実味溢れる赤に氷一個でも有りかと。

焼酎なら奄美諸島喜界島は朝日酒造の”たかたろう”のソーダ割りが飲みたい。

一日目は早速、Nino ViejoとBodeg a1900に行くことが出来た。この二軒は、世界一予約がとれないレストランとしても有名だったエルブジの流れをくむお店。縁ある現地のスーパーフードライターに教えてもらって行くことが出来ました。

奇才、斬新、クレイジー、親切、優しい、プライド…などが、この二軒の印象。

コリアンダースープとガスパチョで食べさせるセビーチェをたべたNino Viejoは、まさかのメキシカンが抜群に旨い😋。奇抜な店作りも印象的。Bodega1900の、あれはきっと”あけがらし味噌”だったと思うあの味に、焼かれたチーズとイカスミ。♪ピーパッパパロッポ♪のスキャットマン・ジョ-ンばりに早口なスタッフのめちゃめちゃいいサービスのお陰で、ホントに美味しく愉しく、充実の一夜を過ごせました。

ジョーン、有り難う☺